ED治療薬の中でもダントツの知名度と人気を誇るお薬がバイアグラです。本ページのバイアグラ購入ガイドでは安全な純正品のバイアグラをお得な価格で購入するために役立つ情報を数多く紹介しています。

人気ナンバーワンのED(勃起不全)の治療薬

バイアグラとは、アメリカの製薬会社のファイザー社が製造と販売を行っている、ED(勃起不全)の治療薬です。

バイアグラの歴史

バイアグラの歴史はおよそ20年前まで遡ります。アメリカのファイザー社が開発を行い、1996年に特許の申請が認可され、1998年に同国のFDA食品医療品局に許可されました。
バイアグラは元々は、狭心症の薬として研究されていました。しかし、本来の狭心症に対する効果はあまり見られず、別の作用として、陰茎の勃起を促進する効果があることが発見されました。これにより「勃起不全の治療薬」としての研究に変更され、90年代に販売開始に至りました。
それからバイアグラは、テレビなどのメディアによる大々的な宣伝の効果もあり、世界中の男性からの人気を獲得しました。

勃起不全に悩む多くの男性の悩みを解決

また、バイアグラの販売開始によって、ED(勃起不全症)は治療薬の使用によって改善することができるという認識が強まり、EDに対する世界的な見方も変わりました。ケガの治療と同じように、EDになったとしても、薬を飲んで治療すればよいという事に気付き始めたのです。
バイアグラは開発されてから現在まで、勃起不全に悩む多くの男性の悩みを解決し、治療薬としての不動の知名度を築き上げてきました。最近ではバイアグラの種類も増え、購入もしやすくなったという現在の状況は、EDに悩む数多くの男性にとっての力強い助けとなっています。
現在もバイアグラはED治療薬の「人気ナンバーワン」の薬であり、世界の半分のシェアはバイアグラが占めているのです。

日本でも異例の早さで認可

バイアグラは、ここ日本でも許可が下りるのが早く、アメリカで認可された1998年の3月の
3ヵ月後には日本でも認可されるという、それまでに例を見ない早さでした。
バイアグラは現在、ここ日本では、25mg錠と50mg錠が正式な許可により販売されています。アメリカでは100mg錠という、倍のサイズのバイアグラも売られていますが、これは日本でもインターネットの通販にて購入ができます。

バイアグラによる効用

EDの治療にバイアグラが高い効果を持っているというのは、よく知られていることですが、何故バイアグラを飲むと症状が改善するかいう事については、あまり知られていません。
バイアグラの効用について知るためには、まず「勃起のメカニズム」について知っておく必要があるのです。

勃起のメカニズム

勃起とは、陰茎の中心にある、陰茎海綿体への血液が増加することによっておこる、ペニスの膨らみの事です。通常は、男性のペニスは外部から性的な興奮もしくは刺激を受けることによって、陰茎海綿体の平滑筋が緩むため、たくさんの血液がペニス内に流れ込んで勃起状態になります。
しかし、EDの方のペニスは、平滑筋の緩みと関係の深いcGMPという物質が少ないために、ペニスに充分な血液が流入せずに、充分な勃起症状が起こらなかったり、勃起してもすぐに萎んでしまうという症状が起こっているとされています。

勃起を阻む酵素を阻害

上に書いた通り、バイアグラは元々は狭心症の治療薬として研究されていたものです。ところが、バイアグラの有効成分である「シルデナフィル」には、cGMPを分解してしまう酵素を阻害し、平滑筋を弛緩させる機能が弱まらないように働きかけるという機能があることが明らかになりました。
このように医学的に勃起を促す効用が認められたバイアグラは、それまで行われていたED治療とは違い、幅広いEDの方に効果が得られるとして期待されています。

服用方法について

バイアグラという薬には、性的な興奮や刺激に反応して起こる勃起機能を補助する効用があります。
薬は性行為のおよそ1時間前に服用するようにします。バイアグラは飲んでから大体30分から1時間で効果が現れはじめます。そしてそれからおよそ3〜4時間効き目が続きます。バイアグラの作用には「性的刺激」が必須ですので、効果を感じ始めたら、ペニスなどに性的な刺激を与えましょう。
薬を飲んで最も効き目を発揮するのは空腹時ですが、やむを得ず食後に飲まなければならない場合もあると思います。そのような場合は、食後1時間以上間隔をあけて飲むようにしましょう。また、アルコール類との同時の服用は禁忌ではないですが、あまり大量にアルコールを摂りすぎると勃起の力が弱まってしまいます。バイアグラを服用する際は、お酒は控えめに摂取するように心がけましょう。

Copyright © バイアグラ購入ガイド All Rights Reserved.